家を取り壊すときの注意について
 建て替え等により、家屋の取り壊しを行う場合は、重機や工事用車両により量水器(メータ)を破損しないよう十分注意してください。(破損した場合は弁償していただかなくてはなりませんので、破損のおそれがあるときは、取り壊す前に業務課検査班までご連絡ください。)

 また、取り壊した後整地する場合も、誤って量水器を埋めることのないよう注意してください。

 家を取り壊したあと長期間水道を使用しないときは、「給水装置廃止」の届出をお願いします。
 詳細については、業務課検査班までお問い合わせください。
       業務課 検査班          
電話番号 0475−55−7853